枯山水

この庭は岬灯篭をポイントに構成した つまり滝組その他一連の石組は岬灯篭を引き立てる為に組んだもの 庭匠 平岡嗣雄 http://www2s.biglobe.ne.jp/~tsuguo/index.homepage.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉葱の「タマちゃん」

玉葱 2006-4-23画 親の枯れ葉を束ねられて軒端につらさげられて何ヶ月たったか? 生命力のある事よ!! 別の顔で人目を曳いた 絵にでもして残してやろうと思った 何時かテレビで歩道の脇の大根が話題に上った 人も負けてはいられない!!さあー頑張ろう!!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いけばな〈絡み〉

この「絡み」は枝木絡みもあるが現代の世相を表現しています 複雑に絡んだ糸屑の様に縦横無尽に絡んでいるのがこの世の中のように感じます 何も考えずにゆっくりしたいと思ってもそうはさせてくれない 蛍の飛んでいた頃トンボを追いかけていた頃が懐かしく そんな環境にはもうならないでしょうね 寂しいことです 凧揚げ、羽子板、縄跳び、メンコ、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

造園家

この仕事は厳しい仕事です だから仕事の中に「遊び心」を入れてこないと凡人では務まる業種ではない 私は幸いにも石(rock(岩))に取り付かれ今日を迎えている 自然ってうまく出来ていてそのシステムは精密であり計り知れない不思議・感動がある 私はその不思議・感動を庭(日本庭園)を通して一般の人に伝えていきたい 石は素晴らしい 個…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「波」(展示作品)

この展示のテーマが「花」だったので波の表現には、白川砂、撒き石3.5.8分、草花を使った 私が手がけた庭の何れも私の作品は石組の空間構成を主とした作りで植栽を加え 庭全体に立体感とそれぞれの線の延長、つまりこの庭を観る人に無限の広がりを 感じさせる企みによってdesign(設計)施工している。 この庭の狙いは空間構成の粗密、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

連峰(展示作品)

私が手がけた庭の何れも私の作品は石組の空間構成を主とした作りで植栽を加え 庭全体に立体感とそれぞれの線の延長、つまりこの庭を観る人に無限の広がりを 感じさせる企みによってdesign(設計)施工している。 庭匠 平岡嗣雄
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

曲線の庭(玉青苑)

この公開している曲線(庭匠 平岡嗣雄作)の庭の数々を振り返れば過去の私が作庭した全ての作品においてその庭の部分に曲線が組み込まれていた 作庭した庭に気付かされた私の感性である これを「庭のイナバウアー」と名付けたい または「庭匠 平岡嗣雄のイナバウアー」とでも呼べると思う・・・時代の言葉を引用してみた? 庭匠 平岡嗣雄作
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枯山水(日本庭園)

枯山水のなかでもこの庭は豪華版です 私はこのような庭園(日本庭園)は日本の芸術の中でも唯一の世界に誇れるお家芸だと思います この庭園芸術を継承する人がだんだん少なくなってきています 若者達よ!庭職人になりませんか? 庭匠 平岡嗣雄
トラックバック:0
コメント:35

続きを読むread more

庭匠 平岡嗣雄

ご挨拶 Greeting - ◆私は庭師です 自ら庭師と言うのもおこがましいが 昨今庭師が金儲けに走る傾向が見られます  私は敢えて庭仕事に携わっていることを誇りに思うと同時に天命とも思うからこそ自ら庭師と自負する者です  庭は伝統芸術です 庭師の家に育った私は親父の背中を見て日本庭園の素晴らしさを知り母親の信仰から人の心の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

作庭家 平岡次雄

? C ?ef="http://niwatsune70.at.webry.info/200601/article_1.html" target="_blank">作庭家」 庭匠 平岡次雄 私は 玉青苑 甲水庵 鶴来の里 等は代表作他に約200庭は制作 私のモチーフは自然のlandscape 小さな空間にイメージを埋め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉青苑

日本庭園 玉青苑は宇治の黄檗山・瑞光院万福寺の塔頭である この庭は一見古典的な庭のように見えるが大胆な線使いのサツキの植え込みによって日本庭園の現代版に仕立てた 借景の山並みと連携させ近景の山を感じさせる意図を持っている キョウトニワツネ 庭匠 平岡嗣雄 作
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

作庭家

「作庭家」について ブログのsystem(システム)が理解出来てないままぽんぽんアップロードしたものです そんな私にコメント下さい 庭匠 平岡嗣雄
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more